『Jinze-m蚤の市 in あすみの丘』

11月4日はお店を臨時休業して、四街道市『Jinze-m蚤の市 in あすみの丘』に出店してきました。

主催は雑貨・古道具「Jinze-m」(じんぜーむ)さん。


色々なレトロ雑貨をひっさげ、

今回2回目になる「たのしいボードゲーム体験」も実施。

今回はおばけ駒を使った対戦ゲーム「ガイスター」

カードとカードの中にある共通のシンボル見つける早い者勝ちゲーム「ドブル」

1枚から5枚までの組み合わせが2組もある、

悩ましい神経衰弱「イチゴリラ」を持参しました。

ボードゲーム体験では、嬉しいことがたくさんありました。

小学生の体験者さんが、ルールを覚えて他の参加者さんに説明してくれたこと。

初対面同士のおじいちゃんと小学生の対戦。
同じく小学生の体験者さんの1人が、2人用ゲームを3人で遊ぶために、新しいルールを考えて遊びだしてくれたこと。

今日出会ったばかりなのに、もうずっと前からの仲良しのよう!


そして毎回パワーアップする出店者の皆様方のディスプレイのセンスの高さ。



持ち込まれた商品の希少さとかわいらしさ。

会場全体が一つの作品のようで、その中にいられることをとても幸運に思います。

主催者さま、出店者のみなさま、ご来場のお客さま、今回もすてきな時間をありがとうございました。



次回出店は

11/10(土)〜17(土)

Gallery志葉斎(1週間展示・販売)

JR成田線、新木駅北口徒歩5分の元馬小屋を改装したギャラリーのハンドメイドと雑貨の展示即売会です。

こちらは和風の雰囲気強めで、ギャラリー全体が一つの作品となるように、とのコンセプトで開催されています。

緑豊かな会場の中、ゆったりとしたお時間をお過ごしいただけます。











最後に店主からのひとりごと…(´∇`).。oOおもくろやでは店内で遊んで楽しかったら、そのゲームの「情報」を持ち帰って

家族で遊んでもらいたいと思っています。


「情報」とは、どこで買えるのか、どんなルールなのか、どんなふうに楽しいゲームなのか…などなど。

そのため、量販店や大手通販サイトなどで気軽に買えるものを選んで

お店に置いていたりします。


何千種類とある膨大な数のボードゲームたち。

知らなければ、選択肢にもあがりません。

それはあまりにももったいない。この楽しさをぜひとも共有したい。


ボードゲームを遊ぶことが、特別な場所で行う特別な遊びではなく

日頃の余暇に家族や友人たちと、当たり前の遊びの選択肢のひとつとなること。

それがおもくろやの願いのひとつだったりします(n*´ω`*n)






おもくろや

ボードゲーム で 遊び ましょ

0コメント

  • 1000 / 1000